浄土真宗本願寺派 教念寺
〒352-0004
埼玉県新座市大和田1−20−6
TEL:048−477−1713
FAX:048−477−0809
メールはこちら:
info@kyonenji.jp

  第152話 いつもの場所で

 夏休み真っ盛りとなりました。といっても、末っ子も合宿や試合で殆ど家にはいませんが、私自身もそうでしたね。部活や遊びばっかりでした。
 小学生の頃は、夏休みにはラジオ体操がありました。スタンプカードに全部判子が押された年の優越感は気持ちよかったですね。その位しか優越感に浸れるものがなかったのですが。
 中学生になってからは、ラジオは基礎英語と深夜放送を聴く為にあるようになりました。そして高校生から離れていたラジオは、大人になって、車の運転をするようになってからは、また友だちとなりました。
 運転をしなくても、毎週決まって聴いている番組があります。日曜日の文化放送、朝5時50分からの『築地本願寺の時間』です。
 聴きそびれた時はスマホのアプリで。また、もう一度聴きたいな、という時には、本願寺のホームページから。インターネットが出来る方は、どうぞ『みほとけとともに』と検索してみてください。本願寺のウェブから、ちゃちゃっと聴く事ができます。
 面白い事に、この『西本願寺の時間』は、関東では『築地本願寺の時間』となっていますが、先日、広島の人と話しましたら、広島では『本願寺の時間』だよ、と言われました。安芸門徒と言われるお国柄を感じました。
 さて、このラジオ番組ですが、パーソナリティーは、奈良のお寺の坊守の徂徠真弓(そらいまゆみ)さんがつとめています。徂徠さんはジャズボーカリストでもありますので、その澄んだ声色は爽やかな朝に聴くと清々しい気分になれます。テーマソングの仏教讃歌もいいですよ(残念ながら、本願寺のウェブでは仏教讃歌はカットされてます)。
 何週かずつ、いろいろな布教使さんや住職方が、法話であったり西本願寺の取り組みや仏教界の話などをしてくれます。多方面からの内容で飽きる事なく聴く事ができる10分間です。ラジオは、小鳥の囀りや雨だれのように、今なすべき事を邪魔しません。
 また、少し前から、AMがFMでも聴けるようになりました。もし最近少し耳の調子が悪いとお思い方は、どうぞ『築地本願寺の時間』をFMで聴いてみてください。テーマソングもFMの方が綺麗です。

  目が覚めて
  迎える事の出来た今日の朝
  いつもの場所で
  今のあなたのそのままで
  ご一緒に聴かせて頂きましょう
   『築地本願寺の時間』より