浄土真宗本願寺派 教念寺
〒352-0004
埼玉県新座市大和田1−20−6
TEL:048−477−1713
FAX:048−477−0809
メールはこちら:
info@kyonenji.jp

  第157話 おりんをチーン!

 突然ですが、朝ドラ視てますか?私はツボにはまると視ます。今の朝ドラの二つ前の作品をパッと言える人、いたらすごいなぁと思います。
 そう、忘れちゃうけど『今やってる分』を真剣に視てしまうのが朝ドラなんですね。
 今の朝ドラは大阪が舞台です。ヒロインの夫が亡くなって、毎朝お仏壇に手を合わせるのが日課、というシーンがよく出てきます。
 ヒロインの家は浄土真宗ですね。最初、お線香を香炉に寝かせましたから、『おお!もしや!』と思いました。パッと見の白木のお位牌は浄土真宗の法名でしたし、お仏壇には過去帳があり、一瞬、御本尊と両脇がけ三幅の掛軸を見ました。
 実在のモデルの方が浄土真宗だったかどうかはわかりませんが、スタッフにこの辺りをこだわっている人がいるんだろうな、と思います。
 ところが、どの人がお仏壇にお参りする時も、必ずおりんをチーンと鳴らして合掌しています。
 うちの法話や勉強会に来ている方なら、あれ?そりゃおかしいわぁ!と思うはずです。
 そうですよね。おりんは『おつとめ』をする時に鳴らすものです。
 そう、だからどうしてもおりんをチーンと鳴らしたいんだ!と言う人は、はい、どうぞ、鳴らしてください。
 そして、正信偈でも、讃仏偈でも、おつとめをしてください!おつとめ中も何回か鳴らせますよ!
 私たちは、どうやらテレビの言う事ばかりを信じすぎていませんか?
 テレビでああ言ってた、こう言ってた。とりわけ仏事の云々、お葬儀のあれこれ、テレビで言っている事が、全て正しいとは限りません。南無テレビではいけません。
 果たして本当に正しいのかどうか悩んだ時、どうやら最近はインターネットで調べてみる方が非常に多いようです。電話での相談で、ほとんどの方は「パソコンで調べましたら」と仰います。
 その結果、いろいろな答えがみつかり、かえって『悩む』のです。そして『匿名で』訊ねてきます。
 ちょっと具合が悪い時のかかりつけ医のように、何でも相談できる、何でも気軽に訊く事ができる、そんなお寺でありたいと思っていますが、もしかしたら私が、厳しい事ばかり言って、阿弥陀さまの邪魔をしてるかしら?何でも気軽に訊けなくしてるかしら?