浄土真宗本願寺派 教念寺
〒352-0004
埼玉県新座市大和田1-20-6
TEL:048-477-1713
FAX:048-477-0809
メールはこちら:
info@kyonenji.jp

「盂蘭盆会法要」 (平成29年8月6日)

 平成29年8月6日(日)、教念寺本堂において盂蘭盆会法要が厳修されました。
 連日の猛暑の中、たくさんの門信徒が参集し本堂は満堂となりました。
 午前中から聞信会役員が集合し、玄関幕を張り、本堂の椅子を並べるなど法要の準備を行いました。
 12時20分から、中川宗務員より簡単な法話をいただきました。浄土真宗門徒としてのお墓の意義について、ご自身の経験もまじえてお話しくださいました。お墓であってもお寺であっても、大切なのは念仏称えることであり、阿弥陀様の御恩を感じる機会にしてほしいとの話しでした。
 午後1時、法要開始の喚鐘の音が鳴り響き、仏説阿弥陀経を参加者全員でお勤めしました。引き続き、教念寺龍山住職より「浄土は恋しからず」の講題でご法話を頂戴しました。
 浄土真宗の教えが、どんな人にもできる、仏さまの究極のまことの教えであること、聖道門の自力の教えは、できる人とできない人があり、私たちにはとてもできない無理な教えであることを、丁寧にお話し下さいました。
 念仏には「一日何回称えなければならない」といった決まりはなく、いつでもどこでも誰でも称えられるもの。だから優れているのだとの話が印象的でした。
 最後に、恩徳讃を唱和し、盂蘭盆会法要は終了しました。

             
内陣の荘厳
法要のようす
法話をする龍山住職
満堂の本堂
玄関幕を張ります
椅子を並べていきます

<< 次の記事へ 前の記事へ >>