浄土真宗本願寺派 教念寺
〒352-0004
埼玉県新座市大和田1-20-6
TEL:048-477-1713
FAX:048-477-0809
メールはこちら:
info@kyonenji.jp

「宗祖親鸞聖人報恩講法要」 (平成29年11月23日)

 11月23日(祝)、宗祖親鸞聖人報恩講法要が執り行われました。昨日から降り続く雨の中、多くの門信徒が参集されました。
 今年の報恩講は、午前・午後の二部制で執り行われました。より多くの方々に報恩講を慶んでいただきたいという、住職の願いによるものです。
 午前11時より讃仏偈のおつとめ。引き続き法善寺前住職、武蔵野大学名誉教授の山崎龍明師より「親鸞聖人を学ぶ ー今、ここ、私の救いー 」という講題でお話しを頂戴しました。
 午前の部終了後、婦人会特製の恒例のお斎(お食事)がふるまわれました。前日から下ごしらえをして手作りされたお斎はたいへん好評で、味のしみた煮物やお赤飯など、おいしくいただきました。
 午後の部開始前、龍山住職から法話がありました。報恩講をおつとめする意義、その大切さについて、丁寧にお話しくださいました。
 午後1時30分、報恩講午後の部の法要が厳かに勤められました。おつとめは「宗祖讃仰作法(音楽法要)」選び抜かれたご和讃はどれも尊く、心を打ちました。
 引き続き、山崎龍明師より午前の部と同じ講題でご法話をいただきました。私たちは何も殺さずに生きていけるわけではない、生き物のいのちをいただいて生きている、そのことを忘れてはいけない。ご自身のエピソードも含め、時に笑いも交えながらわかりやすくお話しくださいました。
 最後に、恒例の福引抽選会が行われました。今年は「あったか生活」をテーマにすべての賞品が用意され、教念寺住職賞は「炊飯鍋」。他にも、小鍋やブランケット、入浴剤など、もらってうれしいひとつひとつの賞に、喜びの笑顔があふれました。
 今年も多くの方々のおかげで、教念寺宗祖報恩講法要は無事執り行われました。

             
法要のようす
出勤した僧侶たち
山崎龍明先生の法話

<< 次の記事へ 前の記事へ >>